Simscape Power systemsのMutual Inductance​でインダクタンス値​を動的に変更する方法

11 views (last 30 days)
Simscape Power systemsのMutual Inductanceでインダクタンス値を動的に変更したい。
■やりたいこと
・インダクタンス値を数式で表現し、その式の変数をシミュレション実効中に変更する。
・上記、変数はあらかじめ測定しておき、MAPデータ(Lookuptable等)でシミュレーション実行中に参照する。
■モデルの場所
Simscape/Power Systems/Specialized Technology/Fundamental Blocks/Elements/Mutual Inductance
  2 Comments
Mitsuru Shibanuma
Mitsuru Shibanuma on 21 May 2018
回答ありがとうございます。 良いモデルがあるので、簡単に出来る方法を模索してました。 等価回路モデルを作成することを検討してみます。

Sign in to comment.

Accepted Answer

Atsushi Matsumoto
Atsushi Matsumoto on 12 Jun 2018
Edited: Atsushi Matsumoto on 12 Jun 2018
Mutual Inductorブロックのソースコード(Simscape Language)はブロックパラメータウィンドウにあるリンクより見ることができます。&nbsp
それを基に、パラメータとなっているL1, L2, kのうち、動的に可変させたいパラメータをinputs項に書き換えて、カスタムコンポーネントを作成してはいかがでしょうか?(以下のサンプルではL1, L2, k全てを入力パラメータにしています。)
component vari_mutual_inductor
% Variable Mutual Inductor :
%
% V1 = L1*dI1/dt + M*dI2/dt
% V2 = L2*dI2/dt + M*dI1/dt
%
% where parameters L1 and L2 are the winding self-inductances, and
% M is the mutual inductance. M is defined in terms of the
% Coefficient of coupling k by M=k*sqrt(L1*L2). Hence the magnitude of k
% should be less than one. Negative k yields an inverted output.
% Copyright 2005-2018 The MathWorks, Inc.
inputs
L1 = { 10, 'H' }; % L1:left
L2 = { 0.1, 'H' }; % L2:right
k = 0.9; % k:left
end
nodes
p1 = foundation.electrical.electrical; % 1+:left
n1 = foundation.electrical.electrical; % 1-:left
p2 = foundation.electrical.electrical; % 2+:right
n2 = foundation.electrical.electrical; % 2-:right
end
parameters
% L1 = { 10, 'H' }; % Inductance L1
% L2 = { 0.1, 'H' }; % Inductance L2
% k = 0.9; % Coefficient of coupling
end
variables
i1 = {value = { 0, 'A' }, priority = priority.high}; % Primary current
i2 = {value = { 0, 'A' }, priority = priority.high}; % Secondary current
v1 = { 0, 'V' }; % Primary voltage
v2 = { 0, 'V' }; % Secondary voltage
end
branches
i1 : p1.i -> n1.i;
i2 : p2.i -> n2.i;
end
equations
assert(L1>0)
assert(L2>0)
assert(abs(k)<1)
v1 == p1.v - n1.v;
v2 == p2.v - n2.v;
v1 == L1*i1.der + k*sqrt(L1*L2)*i2.der;
v2 == L2*i2.der + k*sqrt(L1*L2)*i1.der;
end
end

More Answers (2)

Hiroumi Mita
Hiroumi Mita on 16 May 2018
Mutual Inductanceでインダクタンス値を動的に変更するのは困難です。
代替案として、次があります。
#1. Mutual Inductanceのインダクタンス値をMATLABワークスペース変数で定義します。
#2. シミュレーションをなんらかの条件でいったん停止し、
MATLABワークスペース変数で定義している変数を書き換えて、そ の状態からシミュレーションを継続するのはSimulinkの標準機能であるSimstateをうまく組むことでできます。
  1 Comment
Mitsuru Shibanuma
Mitsuru Shibanuma on 21 May 2018
回答ありがとうございます。 実施したいことは、制御器の過渡応答性評価で、 シミュレーションをいったん停止することでは、目的を満足できないです。 上記でMatsumotoさんが言われるとおり、自作を検討しようと思います。

Sign in to comment.


Atsushi Matsumoto
Atsushi Matsumoto on 12 Jun 2018
上記のカスタムコンポーネントを使ったモデルで、結合係数をSIN波で可変させると下図のような振る舞いとなります。モデルも添付します。参考になれば幸いです。
  3 Comments
Mitsuru Shibanuma
Mitsuru Shibanuma on 14 Jun 2018
開くことができました。ありがとうございます。

Sign in to comment.

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!